外国人はタイで不動産を購入することが許可されていますか?

外国人はタイで不動産を購入することを許可されていますか?

ビーチ&ハウスで

目次

タイの法律では外国人がタイで不動産を購入することを許可していないという情報を読んだり聞いたりしたことがあるかもしれません。

しかし、多くの外国人がプーケット、ホアヒン、サムイ島、バンコク、チェンマイ、さらには北東部の一山などの有名な場所で美しい家や別荘を購入していることに気づいたかもしれません。

これは、タイの市民権を持たない人がタイで所有できるのはフリーホールドのアパートまたはコンドミニアム(一般に「コンドミニアム」と呼ばれる)のみであるためです。そのため、販売中のコンドミニアムは外国人投資家に非常に人気があります。

あなたは疑問に思うかもしれません、なぜフラットユニットだけ、そして外国人がタイで合法的に自由保有権を所有することができる他の方法は何ですか?

外国人の場合、タイでコンドミニアムやアパートを購入するにはどうすればよいですか?

1979年のタイのコンドミニアム法によると、タイのあらゆるタイプの不動産は外国人が所有することができますが、最大49%です。

同じ大きさの100戸の集合住宅を例にとってみましょう。 法律によると、これらのユニットのうち51ユニットはタイ国民が所有でき、残りの49ユニットは外国のバイヤーが所有できます。

マンションを購入するための有効な所有権証書(「チャノート」と呼ばれる)を取得するために外国人が満たさなければならない追加の条件があります。つまり、ユニットの購入に使用された資金は、タイの銀行口座に送金する必要があります。海外(これは明らかに国がその領土に外貨を引き付けるための非常に良い方法です)。

海外から送金された資金を受け取った銀行は、所有権の譲渡時に土地登記所に提示しなければならない外貨取引フォーム(FETFと呼ばれる)を発行する義務があります。

一般的に、外国人が求める場所にあるマンション(マンション)では、外国人のお客様が利用できる49%の割り当てが最初に販売されます。

外国人は最終的にタイの割り当て(51%)でユニットを購入できますが、購入したユニットの所有権証書は不動産開発業者(通常はタイの会社)に残り、不動産開発業者(いわゆるLEASEHOLD)は30 + 30 + 30年の期間。

30年のリースは、タイの法律で現在許可されている最長の期間であるため、30年のリースごとに更新する必要があります。

販売のための新しいコンドミニアムを提供しているほとんどの不動産開発業者は、自由保有権のタイトルでユニットを購入したい購入者にプレミアムを請求します。

これは主にXNUMXつの理由で行われます。

1)開発者は、外国人の購入者が何らかの方法でフリーホールドのアパートを購入することを思いとどまらせたいと考えています。

2)タイの不動産市場における外国人へのフリーホールドコンドミニアムの転売価値は、リースホールドコンドミニアムのそれよりも高い。

外国人はタイで家や別荘を買うことができますか?

The-Clouds-Cha-Am-Thailand
ホアヒンで販売中の新しいヴィラ

外国人として家や別荘を購入したい場合は、タイの会社を設立することでそれを行うことができます。これは、タイで家と土地を購入する方法です。

法律を遵守するために、会社の株式は外国人が最大49%、タイ国民が最小51%しか保有できません。

この方法での不動産の取得は、会社が定義上タイ人(タイ国民として)であり、資産として不動産を所有しているため、自由保有権の購入に匹敵します。

会社は、外国人株主が会社を完全に支配できるように設立されていますが、実際には彼らは少数(49%)の株式しか所有していません。

これは外国人がビジネスを行い、財産を所有するための一般的な方法であり、完全に合法です。

数十億ドル規模の大規模な国際グループでさえ、財産だけでなく、タイでもこのように運営されています。

このタイプの企業構造の下で保持されている土地と財産の何千もの区画があります。

多くの専門法律事務所や法律コンサルタントは、比較的低コストでこのタイプのサービスを外国人に提供しています。

この取り決めにより、あなたはあなたが管理するあなたの会社の名前でタイのあらゆる種類の資産を取得することができます。

タイで会社を設立するための料金は約45,000バーツです。

財産を所有することのみを目的として設立され、他の事業を行っていない会社の場合、年間料金は約20,000バーツです。

また、この会社を利用して、実際の事業を立ち上げたり、タイで合法的に居住および就労できる就労許可証または年間ビザを申請したりすることもできます。これにより、XNUMXつの石でXNUMX羽の鳥を殺すことができます。

資産を所有することはまた、将来の商取引のためのビジネスの信頼性を高めます。

外国人が不動産を所有するもうXNUMXつの方法は、配偶者や信頼できるビジネスパートナーなどのタイ市民を利用することです。 このソリューションには明らかに欠点とリスクがあり、個人的な決定です。

「借地権」購入または30年リースとは何ですか?

マンションに関して上で簡単に説明したように、外国人がタイで不動産を所有する別の方法は、借地権ベースで購入することです。

これはタイで不動産を購入する最も安くて簡単な方法です。 しかし、法律は30年以上の不動産の賃貸を禁止していますが、90年間の延長可能な賃貸契約に署名することは可能です。つまり、30年間はXNUMX回更新可能です。 この種の契約を作成するには、専門的で評判の良い弁護士のサービスを利用することを強くお勧めします。

所有権証書に関するすべてのデータと情報が正しいこと、および長期賃貸借契約を結ぶ予定の土地が正しい所有権を持っていることを確認することが非常に重要です。

これには、リースの正確で法的な期間、再販の可能性について購入者に付与される権利、および登録料が含まれている必要があります。

結論

公式統計によると、世界中のバイヤーが毎年XNUMX億バーツ以上をタイに投資しています。 もちろん、タイで不動産を購入することは大きな決断であり、人生の大きな一歩ですが、気分が良くなる場合は、他の何千人もの人々があなたの前に購入したことを忘れないでください。

タイの法律は外国人の所有権について非常に明確です。 デューデリジェンスを行い、必要なすべての情報を入手し、タイに設立された優れた不動産業者と評判の良い弁護士のサービスを利用して、最終的な買収プロセスを支援することをお勧めします。

質問は?

触れましょう

これらの奇妙な時期には、物件の仮想訪問も可能です。 興味がある? 私たちに知らせてください、私たちはあなたのためにこれを整理します。

電話サポート